確かな技術と高い品質を追求し「伝えるお手伝い」を

共進社印刷は、1920年(大正9年)に活版の印刷所として創業して以来、さまざまな印刷物を世に送り出してまいりました。

その間、印刷業界を取り巻く状況・環境は目覚ましく変化。特に30数年前に起こったデジタル化によるイノベーションで、お客様のニーズは多様な広がりをみせました。時代に即したビジネスで、一つひとつのご要望や課題に的確に応えたい—-こうした思いから、当社も今日までラベル管理やシステム開発など事業領域を広げ、高い品質をご提供できるよう設備導入、新技術の研究にも努めてまいりました。

さらにいま、IoTやAIなどの登場で情報伝達の在り方は大きく変わろうとしています。しかし、どんな時代においても当社のあるべき姿は、「伝えるお手伝い」に徹すること。コミュニケーションの基盤を構築する黒子となり、確かな技術をもって人と人、人と社会をつなぐ世界に貢献いたします。共進社印刷に任せておけば上手くいく、何かが変わると思っていただけるよう、これからも常に自己研鑽し、お客様に最適なコミュニケーションツールをご提供していけるよう、努力してまいります。

品質方針

①お客様にとって一番安心して頂ける会社を目指します。
②お客様の安心のため、日々生産性・技術の向上に努めます。
③お客様の安心のため、社内外のチームワークをより強固にすべく努力します。
④以上の実現のためQMSの有効性について継続的改善をすすめます。

代表取締役社長
久保輝久

0